Welcome to my blog

すらんぷらいふ

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天道総司語録?おばあちゃんが言っていた?

  • CATEGORY名言集
  • PUBLISHED ON2009/ 06/ 02/ 23:40
  • COMMENT1
「おばあちゃんはこう言ってた。天の道を行き、総てを司る男………俺の名は天道総司」


「おばあちゃんは言っていた。世界は自分を中心に回っている。そう思った方が楽しいってな」


「おばあちゃんは言っていた。人は人を愛すると弱くなる。けど、恥ずかしがる事はない。それは本当の弱さじゃないからってな。弱さを知ってる人間だけが、本当に強くなれるんだ」


「おばあちゃんが言っていた。冒険が人間を強くするってな」


「おばあちゃんが言っていた。花は全ての女性を輝かせる。俺も同感だ」


「おばあちゃんが言っていた。どうせ冒険するなら、大冒険に限るってな」


「おばあちゃんが言っていた。どうせ冒険するなら、大冒険に限るってな」


「おばあちゃんが言ってたよ。二兎を追う者は二兎とも取れ」


「(神父に扮して)おばあちゃんはこうも言いました。汝、天の道を行き、総てを司るべし」


「おばあちゃんは言っていた。病は飯から。食べるという字は、人が良くなると書くってな」


「おばあちゃんが言っていた。友情とは友の心が青臭いと書くってな。青臭いなら青臭いで、それを本気でぶつけなければ意味がない!」


「おばあちゃんが言っていた。食事は一期一会。毎回毎回を大事にしろって」


「おばあちゃんが言っていた。全ての女性は等しく美しいと」


「おばあちゃんが言っていた。男がやってはいけない事が2つある。女の子を泣かせる事と、食べ物を粗末にする事だ」


「おばあちゃんが言っていたよ。本当の名店は、看板さえ出していないって」


「おばあちゃんが言っていた。戦いはへそでする物だってな。へそに気合を入れろ!」


「おばあちゃんが言っていた。仕事は納豆の様に粘り強くするものだとな」


「おばあちゃんが言っていた。悪魔の囁きは時として天使の声に聞こえるってな」


「おばあちゃんが言っていた。未熟な果物は酸っぱい。未熟者ほどケンカをするってな」


「おばあちゃんが言っていた。子供は宝物。この世で最も罪深いのは、その宝物を傷つけるものだってな!」


「カッコつけても、しょせんは泥棒だ。おばあちゃんが言っただろ?人の物を盗む奴は、もっと大事な物を失くすってな」


「頭を冷やせ。おばあちゃんが言っていた。男はクールであるべき。沸騰したお湯は、蒸発するだけだ」


「おばあちゃんが言っていた。本物を知る者は、偽者には騙されないってな」


「おばあちゃんが言っていた。誰にもわからないように隠し味をつけるのは楽しい。だが、それを見つけるのはもっと楽しいってな」


「おばあちゃんが言っていた。美味しい物を食べるのは楽しいが、一番楽しいのはそれを待っている間だってな。食べたいならちゃんと並べ」


「おばあちゃんが言っていた。美味しい料理とは粋な物。さりげなく、気が利いていなければならない」


「おばあちゃんが言っていた。どんな調味料にも、食材にも、優る物がある。それは料理を作る人の愛情だってな」


「おばあちゃんが言っていた。この世にまずい飯屋と、悪の栄えたためしはない」


「おばあちゃんが言っていた。強さにゴールはない。俺はさらに強くなる。いつまでも、どこまでもな」


「おばあちゃんが言っていた。手の込んだ料理ほどまずい物。どんなに真実を隠そうとしても、隠しきれるもんじゃないってな」


「おばあちゃんが言っていた。刃物を握る手で人を幸せにできるのは、料理人、だけだと」


「おばあちゃんが言っていた。自分に溺れる者は、いずれ闇に落ちる。この勝負、俺の勝ちだ」


「おばあちゃんが言っていた。たとえ世界を敵に回しても、守るべき物がある」


「おばあちゃんが言っていた。料理の味を決めるのは下準備と手際の良さ。戦闘も同じだ」


「おばあちゃんが言っていた。人生とはゴールを目指す遠い道。重い荷物は全て捨て、手ぶらで歩いた方が楽しい」


「おまえ達。俺の力を侮っている。おばあちゃんが言っていた。俺の進化は光より速い。全宇宙の何者も俺の進化にはついてこれない」


「おばあちゃんが言っていた。子供の願い事は未来の真実。それを夢と笑う大人はもはや人間ではない。おまえは教育者の風上にも置けない奴だ」


「おばあちゃんが言っていた。絆とは決して断ち切る事のできない深いつながり。たとえ離れていても、心と心がつながっている」


「おばあちゃんが言っていた。人が歩むのは人の道。その道を開くのは天の道」


「おばあちゃんが言っていた。俺は世界の中心。ならば、世界は俺が作ってやる」


「おばあちゃんが言っていた。本当に美味しい料理は、食べた者の人生まで変える」


「おばあちゃんが言っていた。太陽が素晴らしいのは、塵さえも輝かせることだ」


「ばかばかしい。おばあちゃんが言っていた。正義とは俺自身。俺が正義だ」


「おばあちゃんが言っていた。世の中で覚えておかなければならない名前はただ1つ。天の道を行き、総てを司る男。天道総司」


「(フランス語で)おばあちゃんが言っていた…(日本語で)俺は天の道を行き、総てを司る男。天道総司だ」
スポンサーサイト

- 1 Comments

-  

誤字

「おばあちゃんが言っていた。俺は世界の中心。ならば、世界は俺が作ってやる」
ここ、作って じゃなくて救って です。

2012/01/07 (Sat) 01:50 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。